スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【オフレポ】お泊まり会&ドルショ33プチオフ →ゴーレム・パンチ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 我が家の神姫
記事一覧  3kaku_s_L.png ミニ四駆
記事一覧  3kaku_s_L.png お出かけ
記事一覧  3kaku_s_L.png 小話
記事一覧  3kaku_s_L.png キャッキャウフフ
記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

小話

焼け付く大地

 ←【オフレポ】お泊まり会&ドルショ33プチオフ →ゴーレム・パンチ
RIMG0813.jpg
ミルキィ「爆丸シュート!ポップアウト、サブテラ・ウィルダですぅ!」


RIMG0815.jpg
ゼフィロス・ミンクス・エルフィン「これで10回連続ポップアウト成功どすなぁ~。」
おりん「ミルキィさん、毎日シュート練習してしてるもんね。」
フィオ「がんばってるわねぇ…。」


RIMG0818.jpg
ミルキィ「これからウィルダとランニングに行ってくるですぅ!」
フィオ「気をつけてね~。」
エルフィン「ウィルダはんもお気を付けて~。」
サブテラ・ウィルダ「オウ!」



RIMG0819.jpg
おりん「エルフィン、ボクたちも負けてられないね!」
エルフィン「そうどすな~。」
フィオ「あの子、最近変わってきたよね。」


RIMG0820.jpg
フィオ「ミルキィって昔はのんびりしてて、勝負事になんか首突っ込まない性格だったのに…。
    爆丸との出会いがあの子を変えたのかしら。」
おりん「確かにそうですね。初めはボクたちが遊んでるのに興味持ってたんで薦めてみましたけど、
    それが今ではこの家でいちばんはまってますもんね!」
フィオ「とりあえず、何かに対してポジティブになるって事は良い事よ。」


フィオ「ところで、気になる事が有るんだけどさ…。」
おりん「何ですか?」
フィオ「なんで…体操服?」
おりん「なんででしょうね…気合入れるためでしょうか…?」






RIMG0822.jpg
ミルキィ「もうすぐ折り返し地点ですぅ。ラストスパートがんばるですぅ。」


ゴロゴロ…ピタッ

RIMG0823.jpg
ミルキィ「…?…ウィルダ、どうしたんですかぁ?」



RIMG0825.jpg
ウィルダ「オレ、毎日毎日、ミルキィト特訓シテル…ホントニオレ強ク、ナレルノカ?」
ミルキィ「え?どうしたんですかぁ…いきなりそんな事言って…」
ウィルダ「ダッテ…オレノパワーレベル、全然上ガラナイ…。ズット400ノママダ…。」


RIMG0826.jpg
ミルキィ「ふふ…そんなに焦る事は無いですぅ。鍛える努力を続ければきっと良い事が有りますよぉ~。
     それにパワーレベルだけが強さじゃないって、私は思いますよぉ。」
ウィルダ「ミルキィ…。」

???「ギャア~~ッ!
ミルキィ「い、今の声な、何ですかぁ!?」



RIMG0828.jpg
???「コラっ、何するんじゃ!お前ら止めんか!イデデデ!」


RIMG0829.jpg
ミルキィ「た、た、大変ですぅ~おじいさんが襲われてるですぅ!」
ウィルダ「助ケヨウ、ミルキィ!」
ミルキィ「ええ、もちろんですぅ!」

RIMG0830.jpg
ミルキィ「行っくですぅウィルダ!爆丸シュートッ!」


RIMG0831.jpg



RIMG0832.jpg
ミルキィ「ビー・ストライカーをやっつけたですぅ!ウィルダ、モスキートもやっつけちゃうですぅ!」
ウィルダ「オウ!アイツ、ヤッツケル!」




RIMG0833.jpg
ウィルダ「クッ…コイツ、強イ!」
ミルキィ「あぁ!あのモスキートのパワーレベルは450…このままじゃウィルダが負けちゃいますぅ~」



RIMG0834.jpg
ミルキィ「はわわ…しまったですぅ、ゲートカードもアビリティカードも持ってきてないですぅ~。」
???「お嬢ちゃん、アビリティならわしのが有るぞい。」


RIMG0835.jpg
???「わしのでよければ、これを使うんじゃ!」
ミルキィ「これは!おじいさん、お借りするですぅ!」


RIMG0836.jpg
ミルキィ「アビリティ発動!『焼け付く大地』ですぅ!
     これでウィルダのパワーレベルは500にアップですぅ!」


RIMG0837.jpg
ウィルダ「ウオオオオオオオオオオオオオ!!」




RIMG0838.jpg
ウィルダ「ミルキィ、オレ、勝ッタ!!」
ミルキィ「やったぁ!さすが私のウィルダですぅ。」


RIMG0839.jpg
ミルキィ「おじいさん、アビリティどうもありがとうですぅ。おかげで助かりましたぁ♪」
ウィルダ「助カッタ!」
???「いやいや、助けてもらったのはわしの方じゃよ。ありがとう。」

ミルキィ「…おじいさんってこの辺では見かけない爆丸ですけどぉ、何者ですかぁ?」
???「ただの年寄りじゃよ。まぁ『クレじい』とでも呼んでくれ。」

ミルキィ「クレじいさん、いったい何が有ったんですかぁ?」
クレじい「なぁに、ちょいと散歩してたらのぉ、野生の爆丸に襲われてしもうて…
     お嬢ちゃんたちが居なければどうなってた事か…。
     ところで、お嬢ちゃんたちはこんな所で何しとるんじゃ?」
ミルキィ「ええ…実はぁ…」





RIMG0840.jpg
クレじい「なるほど…じゃあ、お嬢ちゃんたちは強くなるためにここで特訓をしていたという事かいのう。
     …そうじゃ、わしの知り合いに『伝説のサブテラバトラー』がおってのう、そいつとバトルして
     鍛えてもらうのはどうじゃ?悪くない提案じゃろ?」
ミルキィ「『伝説のサブテラバトラー』ですかぁ?クレじいさん、ぜひその人と戦ってみたいですぅ!」
     で、いつその人にお会いできますかぁ?」
クレじい「そうじゃのう…1週間後ぐらいにはこっちに来れると思うがのう。」

クレじい「じゃが、お嬢ちゃんのパートナー爆丸はそのウィルダだけかのう?」
ミルキィ「はい、そうですよぉ。」
ウィルダ「ミルキィ、オレヲ選ンデクレタ!」
クレじい「う~ん…バトルをするにはパートナー爆丸が三体必要なんじゃよ…。
     …もし1週間後までに残りの二体を連れて来られれば、バトル出来るぞい。」
ミルキィ「なら私、2体のパートナー爆丸を見つけてくるですぅ!」
クレじい「そうかい。なら1週間後に、この近くのバトルフィールドで待ってるぞい。」
ミルキィ「はーい!じゃあ『伝説のサブテラバトラー』の方にも伝えておいてくださいですぅ!」








RIMG0841.jpg
ミルキィ「…という事があってぇ、『伝説のサブテラバトラー』の方と対戦する事になったんですぅ。
     おりんちゃんとアイちゃんもどうですかぁ?一緒に戦ってほしいですぅ。」
アイ「でんせつのサブテラバトラー…いったいなにものなのだ…」
おりん「う~ん…興味深いですけど、ここは3体ともサブテラ爆丸で挑むべきだと思います。
    きっとこれは、サブテラバトラーのミルキィさんに与えられたチャンスなんですよ。
    ミルキィさんとウィルダが今よりも強くなれる絶好の機会じゃないですか!」
ミルキィ「そうですけどぉ…あと1週間で2体も集められますかねぇ…」
アイ「ふっふっふ…おりんがだめなら、アイにまk―」

エルフィン「おりんちゃん!大変どす!大変どす!」


RIMG0842.jpg
おりん「どうしたのエルフィン!?何が有ったの?」
エルフィン「向こうの広場で爆丸が暴れてるんどす!」
ミルキィ「とにかく行ってみるですぅ。」


アイ「ちょ、ちょっとまつのだ。まだアイのはなしはおわってないのだ!」



RIMG0843.jpg
おりん「こ、これは…みんな傷だらけじゃないか!」
アイ「ひどいのだ…なんてことなのだ…。」
ミルキィ「ぽもえちゃん、何があったんですかぁ?」
ぽもえ「オイラたちがここで遊んでたら、変な爆丸がやってきたぽも…」



RIMG0844.jpg
まい「とらちゃん、しっかりするのにゃ~。」
ブレード・ティグレス「面目無い…自分…不器用ですから…」
ノヴァ・ハーデス「ボッコボコにされたでっす…」
ぽもえ「あいつだぽも!」


RIMG0845.jpg
ぽもえ「あいつの仕業ぽも!」


つづく!!
スポンサーサイト

記事一覧  3kaku_s_L.png 我が家の神姫
記事一覧  3kaku_s_L.png ミニ四駆
記事一覧  3kaku_s_L.png お出かけ
記事一覧  3kaku_s_L.png 小話
記事一覧  3kaku_s_L.png キャッキャウフフ
記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【【オフレポ】お泊まり会&ドルショ33プチオフ】へ  【ゴーレム・パンチ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。